Skip to content

ホワイトニング歯磨き粉とは?まずは基本を押さえよう!

最近、よく耳にするホワイトニング歯磨き粉とは何か?

ここ最近、歯のケアについての言葉である「ホワイトニング」関連のお話をよく耳にするようになりました。
その中でも、高い注目を浴びているのが、ここで紹介する「ホワイトニング歯磨き粉」になります。
言葉から察することができる通り、ホワイトニングのケアをするための歯磨き粉となっているわけですが…。
これではあまりにも芸がないため、もう少し掘り下げてお話をしていきたいと思います。
ということで、早速ではありますが、以下よりお話をしていきます。

歯の表面の汚れを取ってくれる役割を担っている

このよく耳にするホワイトニング歯磨き粉ですが、単純にステイン除去をすることができる歯磨き粉となっています。
つまり、歯の表面に付着している汚れを取り除いてくれる歯磨き粉です。
では、どのようにして、付着をした汚れを取り除いてくれるのか?ですが、単純に、削り取っているという表現になります。
ホワイトニング歯磨き粉で綺麗にしてくれる汚れというのは、基本的には「こびりついている汚れ」に対しての対処方法となるわけです。
したがって、車のコンパウンドのように削り取るイメージになるわけですね。
実際のところ、研磨剤が配合されている、ホワイトニング歯磨き粉も存在するため、まさに、このイメージ通りということが言えるのかもしれませんね。
ともあれ、付着した汚れを削り取ってくれる役割を担っています。

そもそも何故歯に汚れがついてしまうのか?

「なぜ、削り取る必要があるのか?」ですが、それは、歯についてしまう汚れの理由にあります。
単純に油汚れが歯についていると理解してもらえれば結構です。
特に、タバコのヤニは「歯にこびりつく」という表現が、まさに適切で、非常に頑固な汚れになるわけです。
だからこそ、歯科医院に足を運んでクリーニングをしてもらって、白い歯を手にしているのです。
このとき、歯科医院も、拭き取るのではなく、あくまでも機器を使って、こびりついたヤニを削り取っているはずです。
経験したことがある人は、何となくのイメージがつくかと。
その機器に位置するアイテムが、ホワイトニング歯磨き粉であり、それを歯ブラシで歯を洗浄することによって、汚れを削り取っていることになるわけです。
ちなみに、こびりついてしまう理由の1つに「細かい歯の傷」だったり、「歯の凸凹具合」だったりと…兎にも角にも、隙間を見付けて、何とかこびりつこうとしているのです。

常日頃からのメンテナンスが重要になる

このような頑固な歯の汚れというものは、ホワイトニング歯磨き粉を使えば、ある程度は落とすことができます。
ただ注意しておきたいのは、いくら素晴らしい製品でも、どうしても限界があるということです。
となると、大切なことは、日々のメンテンナス…つまり汚れが目立たないように、常日頃からケアをしておくことが重要になってきます。
この日頃のケアを意識するだけで、汚れの進行度具合は、全く異なるものになってきます。
歯科医院で綺麗にしてもらうのも良いですが、手間と時間、そして金額と…デメリットも多くあります。
であれば、このデメリットに可能な限り直面しないようにするためにも、日々のケア・メンテンナスをしっかりと行っていきたいところですよね。

関連:ホワイトニングをするときの本当の注意点について