Skip to content

ホワイトニング歯磨き粉とステイン除去歯磨き粉の違いは?

ホワイトニングと並んでよく耳にするステイン除去との違いは?

ホワイトニングができる歯磨き粉について調べていると、やたら目につくのが、ステイン除去ができる歯磨き粉というもの。
一体、このステイン除去ができる歯磨き粉とは何か?
端的に言ってしまえば、ステイン(黄ばみなどの着色汚れ)を除去することができる歯磨き粉になります。
とどのつまり…ホワイトニング歯磨き粉と同じ役割を担っているアイテムだということですね。
だからこそ、ホワイトニング歯磨き粉と同様に、よく耳にするわけです。
では、言い方が違うだけであって、性能や役割に関しては、どうなのか?
これについては、次から説明をしていきたいと思うので、興味がある方は、ぜひ一読をしてみてください。

歯磨き粉自体も一緒なのか?

歯を白くしてくれる効果がある歯磨き粉。
この共通の役割があるのであれば、気になってくるのが「歯磨き粉自体も同じなのか?」という点になってきます。
もし差異があるのであれば、しっかりと比較検討をして、商品を購入したいと思うのが、人の常というもの。
結論から言ってしまえば、ケース・バイ・ケースとなってしまいます。
何だかハッキリとしない回答になってしまっていますが…そもそも、このホワイトニング歯磨き粉と、ステイン除去歯磨き粉に関しての明確な違いというものは定義されていません。
つまり、両者とも役割は同じで言い方が違うだけということ…これは先ほど、お話をさせて頂きました。
結果、歯磨き粉自体も一緒であってもおかしくはない…ですが、メーカーによって成分が細かく異なるため、別物と言ってしまえば別物とも言えるわけです。

と、このように完全に言葉遊びになってきてしまいましたが…平たくまとめると、両者とも白くしてくれるわけなので、成分の違いは各々で細かくみていくだけの話というわけです。

いずれにせよ日々のケアが重要になってくる

先のまとめ方の言い方を換えると…結局のところ、日々のケアが重要だということです。
少々、強引な繋ぎ方ですが…。
「ホワイトニング歯磨き粉を使って歯を白くしたい」「ステイン除去歯磨き粉を使って歯を白くしたい」は同じ意味であります。
となれば、当然、日々のケアが大切になってくるということも、同様の意味になるわけですね。
歯の構造上、歯磨き粉などで歯の表面を綺麗にしても、本当の白さは手にすることはできません。
あくまでも、歯の内部も綺麗でなければ、全く意味はありません。
だからこそ、日々のケアを怠けずにしっかりと実行をして、歯としての健康を保っていくことが最重要になってきます。

関連するページ:ホワイトニング歯磨き粉で本当に綺麗な歯を手に入れられるのか?