Skip to content

ホワイトニングをするときの本当の注意点について

ホワイトニングは歯を白くするものだけど…

ホワイトニングは、ご存知の通り、歯に付着した汚れを取り除き綺麗にして、かつ白く見せるための歯科治療になります。
やはり歯が綺麗だと、人に与える印象はポジティブなものになることが多いため、このような治療が生み出されたわけですが…。
やはり注意点というものはあります。
何事にもメリット・デメリットもありますし、度が過ぎると良くないことも、世の中には多いです。
ホワイトニングも例外ではないということですね。
ということで、ここでは、2つほど、ホワイトニングで歯を白くすることに対して注意点をお伝えしようと思います。
この2つを意識してもらえれば、綺麗な白い歯を手に入れることができるはずです。

白くしすぎると逆に違和感がある

某有名タレントの歯を見てみると、異様に白い歯をしている人がいらっしゃいます。
この人の顔を見ていると、どうしても、歯ばかりに目が行ってしまい、違和感を覚えてしまうわけです。
つまりナチュラルな白さではなく、完全に作り物の白さになってしまっている状況なのです。
当然、中には、インプラントをしている人もいるため、どうしても作り物の白に見えてしまうわけですが…。
通常の自分自身の歯であっても、異様に白くしている人がいるのです。
やはり人の顔というのは、人工物があると、どうしても違和感を覚えてしまい、そこばかりに目が行ってしまうようになってしまいます。
ともあれ、ここで伝えたいことは「このように人工的に作られた白にしてしまうと、逆にネガティブな印象を他人に与えてしまう可能性がある」ということです。
何事にも度が過ぎないようにナチュラルな白さを目指して、ホワイトニングをしていくことを、強くお勧めします。

歯は汚れるもの…常に綺麗にはできないということは理解しておこう

ホワイトニングをしていると、常に歯が綺麗でなければならないと思い込んでしまい、常々ホワイトニングのケアをしている人が見受けられます。
一種の依存症といってもよいかもしれません。
ホワイトニングという治療…特に歯磨き粉の場合は、研磨剤を入れている場合があります。
この研磨剤は、汚れを削り落とすことに一役買ってくれているため、やりすぎてしまうと、歯を傷つけてしまう可能性があるのです。
つまり、あまりにもホワイトニング…ホワイトニングと…何度何度もケアをしてしまうのは、逆に毒というわけです。
したがって、歯というものはどうしても汚れてしまう部位であり、絶対に100%綺麗さを保てることはできません。
ある程度は汚れてしまうという感覚で、適度にケアをしていくことが上手なホワイトニングの使い方と言えるのです。

参考になるページ:ホワイトニングをする人が急増する理由について